サレント半島

 

レッチェ Lecce

標高49m 人口10万1千人 レッチェ県庁所在地
紀元前3世紀にローマ人に築かれたレッチェはハドリアヌス帝の時代に劇場、円形闘技場そしてハドリアヌス港(アドリア海岸から11キロ離れている)が建設された。 ローマ帝国の滅亡後、500年間コスタンティノプルの東ローマ帝国の一部となっていた。 紀元1000年以降は外国から幾度となく侵略を受けその支配下に置かれたが15世紀のアラゴン家の時代には商業的•文化的再生の中心地となった。特に17世紀に繁栄の時代を迎え、バロック様式の素晴らしい教会建築や貴族の館を数多く生み「バロックのフィレンツェ」とも呼ばれた。地元でとれる黄土色の石灰岩は柔らかくて加工しやすいため、細密な装飾にうってつけの素材として使用され、ディテールにこだわった建築文化が開花したのである。
催し物
ヨーロッパ映画フェスティバル(4月•5月) 
見どころ
ローマ劇場、ローマ円形闘技場があるサントロンツォ広場、バロック様式の傑作とされているサンタ•クローチェ教会と政庁舎として使用されるセレスティーニ修道院、ドゥオーモや神学校や司教館 などを含むドゥオーモ広場 ,優雅な館が建ち並ぶパルミエーリ通り, 県立カストロメディアーノ博物館。

basilica di Santa Croce    Via Palazzo dei Conti    La cartapesta    palazzo Palmieri

  

ガラティーナ Galatina

標高75m 人口3万人 レッチェ県
サレント半島の中心にあるこの地方における主な三つの小都市のうちの1つ。 この町の自慢は、プーリアでは他に類のないフランチェスコ派のサンタ•カテリーナ•ダレッサンドリア教会である.
原産地統制名称DOC ワインで人気が高い町。
催し物
全国工業•商業•手工業品見本市(6月).プーリア•バロック街角で国際的なバロック音楽祭(10月).
見どころ
サンタ•カテリーナ•ダレッサンドリア教会内部の壁面やアーチ型の屋根にはアッシジ大聖堂の雰囲気感じられ、ジョットの影響を受けた15世紀前半のフレスコ画が一面に描かれており,研究論文も数多い。

affreschi della Basilica di Santa Caterina           

 

オートラント Otranto

人口5千人.レッチェ県.
サレント半島の最東端にあるオートラントは、かつて長い間、東方諸国との活発な文化交流や交易によって非常に繁栄した町であった。保存状態の完全な城と城壁に取り囲まれている旧市街は空気が静かでレモンの木と鮮やか花々が白い家並みを飾っていて路地の間からエメラルド色の海が見える.オートラント近郊の海は「グイダ•ブルー」において、全国的に美しい海の上位に常にランクされている.
見どころ
1088年に造られた壮大な大聖堂は床一面を覆うモザイクが特徴的である。旧約聖書や神話、歴史などの場面が描かれているモザイクは観光客や研究者などをひきつけている。モザイクの映像を下記のホームページでみる事が出来ます。
サン•ピエトロ教会はビザンティン時代の様式で内部のフレスコ画は注目すべき遺産となっている。 15世紀末にアラゴン家が建設した城から見る水平線の風景は非常に素晴らしい。

i bastioni di Otranto     il mosaico della Cattedrale di Otranto      

 

 

レウカ Leuca

人口300人 レッチェ県
イタリアの地図の「踵」部分の突端にある小さな町。観光客もまばらで、地元の漁師がほとんどの町。しかし、アドリア海とイオニア海という二つの海の交差点であるこの町は「隠れ家リゾート」のメッカとして知られている。なぜならこの町の海沿いには、19世紀後半以降大富豪たちが建てたバカンス用の優雅な邸宅がズラリと並んでいるからだ。

il mare tra Otranto e Porto Badisco    Villa Sticchi a Santa Cesarea Terme

 

ガッリポリ Gallipoli

人口2万人  レッチェ県
先史時代に人が暮らしていた遺跡が保存されており、タラント出身のギリシャ人の植民都市となったもので、名前も「美しい町」という意味のギリシャ語から由来する。中世時代以降オリーブオイルを輸出した港町として繁栄した。イオニア海に突き出た浮き島の旧市街と陸の新市街が橋で繋がっている独特の地形をしている。また、旧市街にある港の周囲には魚市場がたち、新鮮な魚介類を求める人々で活気に溢れている。
催し物
ガッリポリのカーニバル (2月)
見どころ
フランスのアンジュー家の城。ジョヴァンニ•コッポラGiovanni Coppola 作の絵画がある18世紀の大聖堂。神学校や狭い路地を歩くと様々なバロック建築に出会うことができます。

il borgo antico di Gallipoli           

 

ターラント Taranto

人口23万3千人 ターラント 県庁所在地
前8世紀に海神ポセイドンを奉じるスパルタ人が創設した有名なギリシャ都市タラス(訳すと海)が起源である. 町は内海と外海に挟まれ、島状の旧市街と湾に面する新市街に分かれ、両者の間には大型船舶が通過する時に開く旋回橋が架かる.
催し物
聖劇の行列(キリスト教の聖金曜日は人気が高く昔のように行われる).
見どころ
国立考古学博物館のコレクションは一時的に旧市街に立つパンタレオ館に展示されている.ギリシャ産の大理石像や豊富なアッティカ壷や地元産の壷の他、宝石など鑑賞できる.ギリシャ神殿の柱を利用して11世紀にできたロマネスク様式ドゥオーモはパンタレオ館の近くにある.トルコに対する防衛のためアラゴン家によって15世紀に築いた城である.その城はイタリア国海軍が所有しているため見学時間は限られます。

il tempio di Poseidone    vaso apulo a figure rosse       

 

 

 

観光ガイド付きのオーダーメード・ツアーにご興味ありますか。メールでどうぞお問い合わせ下さい。 info@ungironelsole.com

イタリアにいらっしゃる方は電話でもご連絡下さい。

Referente Basilicata: Angela Galgano  +39 0835 333085  +39 349 6448966
Referente Puglia: Silvia Sesana +39 335 6809637